ネクトンSの効果 与え方 成分 保存方法まとめ!分包が1羽飼いならおすすめ

ネクトンSの与え方・保存方法・使い方

ネクトンSの与え方・保存方法・使い方

ネクトンSってなに?


ネクトンSの与え方・保存方法・使い方
ネクトンsは、小鳥用にビタミンやミネラルを配合した水溶性栄養補助食品です。

小さい方の容器はネクトンSの150グラム。

大瓶の方はその5倍量の750グラム。

ペレットを食べている小鳥なら、こういうビタミン剤は要りませんが、アワ・ひえ・カナリーシードなどの混合シード(種子餌)を食べてる子には、どうしても微量栄養素が偏ったり不足しがちなので、ネクトンsを与えるのが理想的です。

ネクトンsの与え方は、飲み水に溶かして与えるか、えさに直接振りかけて食べさせるかのどちらでもOKです。

うちの鳥は全員がシード食なので、ネクトンsを直接餌に振りかけて与えており、飲み水に溶かして与えることはしていません。

うちの場合は大所帯なので飲み水が汚れやすいために溶かしてあげていないだけで、多くのユーザーは飲み水に溶かして与えています。
 
 

ネクトンsの保存方法


ネクトンSの与え方・保存方法・使い方
ネクトンは粉末なので、開封すると湿気たり変色したりがけっこう早いです。

小鳥用ネクトンシリーズでいちばん劣化が早いのはネクトンBIOですが、ネクトンsはバイオほどではないですけれど、粉末なのでやはりしけやすいです。

ネクトンbioの効果・保存・与え方!オカメインコの換羽期に活躍するネクトンバイオ




それを防ぐためにも、冷蔵庫に入れずに常温で保管することと、飼育数に見合った小さめのサイズを買うこと。

ラージサイズの方が安くても 小さいサイズを購入して、早めに使い切ることが大事です。

人間の食品だって、一度開封してしまったら早めに使い切るのが鉄則です。

たとえば、冷蔵庫に入れたままのドレッシングとか焼肉のたれとかを「賞味期限までまだあるから大丈夫」なんていう人、よくいるんですけど、賞味というのは開封前のもので、開封した後は概ねひと月以内くらいに使い切るべきものです。

そこんとこを気にしない人のほうが多数派ですけれど、本来はそういうものです。

それ食べてお腹を壊すわけではないけれども、どの商品にも例外なく「開封後はお早めにお召し上がりください」とあって、開封した途端に記載されている賞味期限は無効になります。

賞味期限はあくまでも開封前のもので、一度あけたら「早く使い切れ!」ってことです。

ネクトンでも全く同じことがいえます。
 
 

どんなものでも、保存するのに急激な温度・湿度変化は好ましくない


ネクトンSの与え方・保存方法・使い方
一般的な人が摂るサプリメントに関しては、保存に好ましいのは気温で15~30℃、湿度で40~60%と言われます。

いわゆる「常温」ですが、要は直射日光や急激な温度・湿度変化がない場所に保管するのが望ましいわけです。

現実問題として、冷凍することで品質や含まれる微量元素にどのくらいの影響があるのか、品質劣化が起こることはないのか?

それについては専門家ではないので明確な回答は避けますが、それよりもまず一度、原点に立ち返って 考えてみてください。

なぜ、ネクトンSを与えるのかを。
 



なぜ、うちの子にネクトンを与えるの?


ネクトンSの与え方・保存方法・使い方



なぜ、愛鳥にネクトンを与えるのか?

答えは、愛鳥の健康維持を目的として栄養補助食品を与えているのです。

その「本質」を考えれば、ネクトンSがどのくらいもつとかもたないとかの論議以前に、開封したものを冷凍までして長期保存はしないほうがいい。

フレッシュなうちに与え切るのが理想。

開封したらその日付を書きとめ、自分が設定したデッドライン(使用期限)に達したら、残りはいさぎよく廃棄する…というのが私論です。

そしてこれもあくまでも個人的見解ですけれど、理想としては開封後1ヶ月前後で使い切るのがいいんじゃないかと思っています。

基本的にビタミン類は光に弱いものです。

すべてではないけど、ビタミンB群の一部は光に当たると分解されてしまう。

だから、光を遮断するために 茶色いビンに入れられているのです。

ネクトンもそうです。

だからこそ「ネクトンSの保存方法」とか「ネクトンSはどのくらいもつ?」などをググりまくるくらい気にしているなら、なおさらさっさと使い切りましょう。

大瓶サイズのほうが割安でも、羽数に見合ったひと月分くらいの小サイズをその都度購入して、ひとたび開封したらさっさと使い切るに限ります。