オカメインコ雛の育て方!お迎えと飼育管理の注意点 5つのポイント

オカメインコ雛の育て方
オカメインコは寿命が15〜20年と長く、人懐っこい性格の鳥です。

特に手乗りインコは可愛いらしく、自分で飼育するなら手乗りにしたいという人は多いと思います。

そして手乗りにするならヒナの時から育てるのが、なつき方や信頼度合いを考えるとベストです。

しかし、オカメインコのヒナは 小鳥の飼育経験があまりない方には ある意味育て方が難しい鳥ですので、ここではヒナ育てのもっとも基本的な5つのポイントをご紹介します。
 
 

オカメインコ雛をお迎えする初期費用例をざっくりと紹介


オカメインコ雛の育て方
(例)オカメインコ・ノーマルの雛   8000~15000円

雛の飼育ケース(水槽の場合)     1000~1500円

床材(バードマットなど)       1000円前後

保温用品(ひよこ電球+サーモ)    8000~9000円

挿し餌用品(スプーンやシリンジ)   500円前後

パウダーフード(はじめての購入のみ) 1000~2000円

オカメインコケージ(465タイプ)   10000~20,000円


かなりざっくりとですが、合計で最低でも3~5円くらいはかかります。

この中には動物病院代(健康診断)は含まれていません。

オカメインコ雛の育て方!飼育用品の準備と保温についての注意点




ネット上でオカメインコ雛を鳥かごに入れてティッシュなどで包んでいるだけで保温している(つもりの)画像を見たことがありますが、おそらくその子はお星様になってしまったのではないかと思います(←あくまでも勝手な想像です)

そんな飼い方で雛が育つはずがありません。

ティッシュや布などで包んだって保温にはならないですし、雛を飼うのに そもそも保温用品を使わないなんて、絶対にありえない飼い方です。

雛を育てる場合は「飼育ケースの中全体の空気」を温めることがキモです。

家にあった湯たんぽとか使い捨てカイロを使って保温しようとしても、これらでは「空気」が温まらないのでダメなんです。

なので、ヒーターは最近はいろいろなタイプが出回っていますが、この場合はいちばんおすすめなのはひよこ電球タイプのものであり、パネルタイプでは十分ではないと個人的には考えています。

気候がかなり暑くなってから雛をお迎えするにしても、ペットヒーターとサーモスタットを絶対に用意すべきです。


節約したいがためにその部分をはしょろうと考える人は、オカメインコの雛を飼おう(=命を預かろう)と考えないで下さい。

そういう浅はかな考えからのお迎えは、何の罪もない雛が苦しみぬく結果が待っているだけです。

オカメインコ雛には温度管理が必須


オカメインコ雛の育て方


そもそも羽の生え揃ってないヒナの飼育は温度管理が重要です。

したがって、迎え入れる時には保温器具は必需品です。

ヒナのうちはガラス水槽などのケースに入れ、容器内を30℃前後に保つよう心がけましょう。

ケージへの引越しは 季節にもよりますが、羽が生え揃う生後1ヶ月過ぎ以降が目安です。

育雛ケースは成鳥になってからも体調を崩した時の看護ケースとして使えますから、使い終わったからといって無駄になるわけではありません。

ヒナの成長後もきちんと保管しておきましょう。

 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 
 
 

オカメインコ雛への挿し餌は元いたところと同じものから与える


うちでは挿し餌を与えるのに、今はフードポンプ(シリンジ)を使っていますが



 
 
挿し餌をするのが初めてだったり 馴れていない方は 挿し餌用に先が細くなったスプーンが使いやすくていいでしょう。



 
 

挿し餌スプーンはインコのくちばしにフィットする形になっていますので、食べやすく、食べさせやすいです。



幼雛にはさし餌は1日4回以上与えますが、最初はお店と同じ物にしましょう。

一度に環境と餌を変えるのは、小鳥のストレスとなり体調を崩す恐れもあります。

環境になれて育ってきたら、飼い主さんの判断で他のものに変えるのはOKです。

ヒナ用のパウダーフードであれば、どれを選んでも大丈夫です。


 
 
 
 
 

オカメインコ雛をお迎えする前後にやっておくべき準備


オカメインコのヒナの育て方


まず、ヒナを家に連れて帰る時は、できるだけ早く帰宅して落ち着かせましょう。

移動だけでヒナは疲れてしまい、中には弱ってしまう子もいます。

そして、家に着いたら十分に保温した飼育ケースに入れてそっとしておきましょう。

あらかじめ飼育容器も保温環境も準備しておき、すぐに落ち着けるようにしておくことが、ヒナの負担を軽くします。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 
 
 

オカメインコ雛をお迎えしてしばらくはあまり触ったりかまったりしない


お迎え後の雛はできれば一週間くらいはあまり触ったりかまったりせず、少しずつ新しい環境に慣れさせてください。

ヒナの週齢にもよりますが、まだ羽が開ききらないようなこのくらいの幼雛↓であればなおさら 挿し餌以外にはあまりかまわない方がいいです。
 
オカメインコ雛の育て方  
オカメインコのヒナを育てるのは 手乗りヒナを育て上げたことがない全くの初心者さんには意外と難しいので、飼育初心者さんには少し大きくなったこのくらいの中雛↓がオススメです。

オカメインコ雛の育て方   

オカメインコ雛飼育初心者さんは中雛をお迎えしよう


オカメインコ雛の育て方
中雛…ずいぶん大きくなってるんじゃない?それでもなつくの!?と思われる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

人の手から挿し餌で育った子は 飼い主さんが変わってもベタベタになつきますから 心配いりません。

そういう人なつこさがオカメインコの魅力です。

ブリーダーさんのところから雛をお迎えする場合は、相談すれば 挿し餌を卒業して一人餌になった中雛まで預かってくれる人もいますので、一般のペットショップからお迎えするよりも安心かもしれません。

愛情を持って育てれば オカメインコはどんどんなついてくれますから、大切な家族の一員として わたしたちを日々癒す大きな存在になります。

我が家がオカメインコに魅せられて 50羽以上の大所帯の自称「オカメインコ愛好家」になったのも そんな理由からです。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">