オカメインコ 換羽  

換羽期とは


オカメインコ 換羽  
インコは季節の変わり目など、年に数回の換羽期があります。

換羽期にはイライラしたり、食欲の減退、過眠、下痢、疲れやすいなどの症状が現れます。

新しい羽根を生み出すためにエネルギーを要するため、身体面・精神面においても負担が大きい時期です。

換羽に要する期間はインコの種類によって異なりますが、オカメインコの場合は1か月弱が平均的なようです。

しかし加齢とともに換羽期が 数か月にも伸びてしまうこともあります。

室内で温度管理されて過ごしているインコの場合、換羽期が不安定になる傾向もあります。

野生のように季節感を感じにくいからです。

オカメインコの本来の生息地はオーストラリアの内陸あたりですが、それほど寒冷でない気候の地方にいるインコであるため、特に寒い時期は暖かい室温を24時間保ち、過保護に育ててしまいやすいです。

しかし 換羽は季節を感じることによって起こるため、温度管理がしっかしなされている室内で飼育していると 換羽期がだらだらと伸びてしまうのです。

幼鳥や老鳥だと日本の冬の寒さは危険ですが、成鳥の場合は季節感をしっかりと感じさせてあげた方が健康的で体力消耗も少なく換羽が出来ます。
 
 

換羽期における飼い主にできるサポートとは


オカメインコ 換羽  
換羽期になると普段身体を触らせてくれないインコであっても、痒いからか撫でてほしそうにしたりしますね。

しかし普段よりイライラしやすいので 少しでも違う場所を撫でると 怒って噛んできたりする場合があります。

換羽には大変なエネルギーを使いますから、体力が低下しているのであまり放鳥はせず、ケージでゆっくりさせることが好ましいです。

また、シード食のオカメインコの場合は、市販されている栄養補強サプリを餌や水に加えると 換羽がスムーズに行えます。

食欲が減退していて栄養面での偏りが心配される時期ですので、シード+換羽用栄養補強サプリはおすすめです。

換羽期は自然現象ですが体調面が不安定な時期でありますので しっかり様子見をしましょう。

換羽期が普段よりも長引いてしまっていたり、羽根が変形して生えてしまっていたり、羽根が抜けるスピードと生えるスピードが合わず地肌が見えてしまうなどの様子が見られましたら 動物病院へ行きましょう。

また、下痢になると体内の水分量が低下してしまうので どのくらい水を飲んでいるのか確認するのも大切です。

普段より水を飲んでいなさそうな場合は 新鮮な葉物野菜を与えるのもおすすめです。

換羽期には餌に野菜や栄養補強サプリで栄養を増やして、ゆっくりケージで休息してもらうことを大切にしましょう。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">