オカメインコ くちばしカット
うちのオカメインコ、なんだか最近クチバシが伸びてきた気がする・・・と思うことありませんか?

インコのクチバシは人間の爪と同じで 成長とともに伸びていきます。

でも、あまりに伸びすぎている場合は病気の疑いもあります。

クチバシの異常は摂食障害にもつながります。

よく観察してみてくださいね。

くちばしの日々のお手入れ


オカメインコ 嘴カット  
通常、インコは自分でクチバシのお手入れをするので、飼い主が手伝ってあげる必要はありません。

オカメちゃんは眠たくなるとクチバシをギョリギョリすり合わせることがよくありますが、クチバシをこすり合わせることによって、自分で長さを調節しているのです。
 

 
それでもクチバシが伸びているようなら、やすり効果のある止まり木を入れてあげると、自分でこすりつけてクチバシを研ぐようになります。

インコのクチバシには血管や神経が通っています。

切りすぎてかみ合わせが悪くなると摂食障害にもつながります。

自宅でカットせずに、獣医さんにお願いしましょう。

誤ると爪よりも大量出血しますので、素人が自分で切ってあげるのは、ちょっと危険です。
 




クチバシにひび?!めくれている!


オカメインコ 嘴カット  
オカメインコのクチバシにひびのような線が入っていることがあります。

彼らのクチバシは人間の爪と構造がよく似ていて、何層にもなっています。

そして、ストレスや栄養状態が出やすい場所です。

過度のストレスを受けると、クチバシに段や線としてラインが残ることがあります。

また、カルシウムが不足すると、クチバシがはがれてくることもあります。

加齢により、クチバシの新陳代謝が悪くなり、古い角質が剥がれ落ちるようにクチバシがむけることがありますが、自然と取れていくので心配ありません。

クチバシがはがれたりすると心配になりますが、よく見られる現象なので、エサをちゃんと食べていて元気な様子なら問題ありません。

もし心配になるなら、お医者さんに診てもらいましょう。
 
 

病気かもしれないくちばしの特徴


くちばしに症状が出るインコにおける病気は疥癬症、出血斑などが挙げられます。

疥癬症はくちばしに白いかさぶたのようなものが出来てガサガサとしてきて、非常に痒がります。

ヒゼンダニという寄生虫がくちばしに穴をあけて住むことで起こります。

出血斑はくちばしにあざができます。

外傷の場合や栄養不良、脂肪肝、感染症などが原因になり得ます。

この他に、くちばしがひび割れて脆くなったり伸びすぎたりする場合は PBFDや寄生虫、感染症などの恐れがあります。

これらの様子が見られた場合は必ず病院を受診しましょう。

インコは外敵から弱っている姿を悟られないように体調が悪かったりしても隠す習性があります。

日ごろからしっかり観察することが大切です。
 
 

異常にクチバシが伸びているときは


オカメインコ クチバシカット  
これ↑ 爪ではないですよ。オカメインコの伸びたくちばしです。
 
こんなふうに 上クチバシが体に刺さりそうなくらい異常に伸びている場合は肝機能障害が疑われます。

肝機能が低下している場合 ほかにも次のような症状が見られます。

・羽の色が鮮やかな黄色になる。(通常黄色でない部分も黄色になることがあります。)

・やわらかいふさふさとした羽毛が目立つようになる。

・けいれんを起こす

このような症状が見られた場合はすぐに病院で診察を受けましょう。


クチバシが伸びたときの対処まとめ


オカメインコ くちばしカット  
・クチバシのひびや段は自然と解消されるので様子を見る
・異常に伸びすぎていたり、羽の色が黄色くなったときは肝機能障害の疑いあり
・カットするときは獣医にまかせる

インコにとってクチバシは生きるうえでとても重要な器官です。

健康状態のバロメーターでもあるので、よく観察して異常を見つけたら病院へ連れて行ってあげましょう。