オカメインコにミネラル!鉱物飼料プラスリンマルチに狂喜乱舞!

ルチノーオカメインコ

オカメインコ プラスリンマルチ

鉱物飼料「プラスリンマルチ」とは?


ここでご紹介する「プラスリンマルチ」とは 元は鳩用飼料だった「プラスリン」を小鳥用に小さく砕いたものに、いろいろなものがブレンドされている小鳥の鉱物飼料です。

うちでこれを与え始めた2014年には プラスリンマルチは市販はされておらず、販売元である東京飯塚農産さんから直接通販してもらうしかなかったので、一度に10キロずつ購入していました。

でも今はアマゾンや楽天市場でも通販をしているので 少数飼育している愛鳥家さんも入手しやすくなりました。

◎全国動物園でも利用されるNo.1鉱物飼料“プラスリン”60年のノウハウで作られた新しい小鳥用鉱物飼料◎

レース鳩用鉱物飼料プラスリンをベースに牡蠣殻、御影石を小鳥用サイズに変更。

アワ・キビ・ヒエ・カナリアシードに9種類のビタミン、カルシウム、鉄分等を含有するラガー社製(ベルギー)“ミネビタン”を添加。

有効成分の効率摂取に加え、プラスリンに含まれる2種類の炭、食用うこんが食物の消化を助けます。


中身は、こんな感じです。

オカメインコ プラスリンマルチ

 
 
 

小鳥の消化にはグリッドが必要不可欠


「うちの子はボレー粉を食べないんです」という人がよくいます。

話を聞いてみると、エサ箱に入れっぱなし⇒古くなる⇒そのまま放置⇒うちの子は食べないと嘆く・・・というパターンがけっこう多いように見受けられます。

ボレーも古くなると、鳥は食べなくなりますから、数日で取り替えるべきです。

まあ、ボレーを与えることには賛否両論あるんですけれど、ほとんどの鳥たちはボレーが大好きです。

基本的に鉱物飼料というのは体が必要とするときに必要なだけ 鳥が自主的に摂取するものなので、いつもいつもガツガツ食べるものではありませんけれど、体には必須栄養素であることに間違いありませんので、シード食の鳥さんには意識的に補ってあげるのがいいです。

鳥類には消化経路に筋胃(砂嚢)と呼ばれる部分があり、その中にグリッドと呼ばれる砂粒状のものを貯めています。

ここで食物をすりつぶし、消化を補助させているわけです。

そのグリッドの素になるものが、カキガラやカトルボーンとか塩土、焼き砂、シードに混じった砂などです。

ただ塩土(物により塩分が高すぎな場合がある)や焼き砂は、胃の障害を起こすことがあるのは事実です。

塩土はたまには与える方がいいと聞いたことはあるのですが、たぶんそれはグリッド摂取のためでしょう。

ただ、そこに塩分が含まれる以上、塩分の過剰摂取にならないように多量に与えるのはよくないです。

まあ、獣医師によっては「塩土は与えちゃダメ!」という人もいるくらいですから。

このプラスリンマルチ、うちのオカメインコたちはよく食べてますよ。

炭のせいで くちばしの周りを真っ黒にして食べてます(笑)

そうそう、「プラスリンマルチ」は小型鳥用の小粒サイズですから オカメインコだけでなく、うちのフィンチたち(十姉妹とキンノジコ)も喜んで食べています。
 
 

インコが土を食べたがる理由


ペルーのマヌー川の岸壁にコンゴウインコが取り付いて 土をさかんについばんでいる光景を見たことがある方もいると思います。

そんなコンゴウインコの群れ、有名なので見たことがある方もいるでしょう。

こんなシーン↓ですよ。





野生のインコが土を食べるのは、決まった時期に食べるエサに含まれる毒を解毒するためです。

たとえば、「マヌーミネラルブロック」などは 野生のコンゴウインコたちが食べていることで有名です。

アルカリ性の土壌を食べて自ら解毒している…いわゆる「デトックス」です。

ちなみに マヌーミネラルブロックというのは、これ↓です。






【Polly’s Pet Product’s】マヌーミネラルブロック(ナチュラル)ミニ




マヌーミネラルブロックがパーチ(止まり木)になったものもあります。

止まり木をかじるとミネラル成分が摂取でき、くちばしや爪のケアも同時できるというスグレモノ。

一見するとサボテンで出来たカクタスパーチ。
でも実はこれ、チョーヤカクタスに似せて作ったマヌーミネラル製のパーチなんです。
自然なでこぼこが野生的でとっても鳥さん好み!

マヌーミネラルブロックと同成分で出来ているので、天然鉱床と同じ必須ミネラル成分とカルシウムが止まり木をかじることで簡単に摂取できます。
固さがあるので、嘴や伸びすぎた爪のケアにも最適。

パーチには、鳥の健康維持に必須とされる9種類の天然ミネラルがそれぞれ最適のバランスで含まれています。
鳥さんのカジカジ欲求を満足させながら、健康増進にも役立つおすすめのパーチです。


 
 
 
 
 
 

鉱物飼料がデトックスを促進する


自らの本能にしたがって 解毒を自然にやってのけている鳥たち。

欲望のままに食べまくって病気になってる人間よりもずっと賢いと思います。

鳥達、特に野鳥は自然のものをそのまま食べていますから、アルカロイドをはじめとした有害物質を摂取してしまっていることもあります。

植物が防衛本能としてそれを体内に作り出している以上、それらを捕食する動物が毒を完璧に退ける術はありません。

この点は飼い鳥でもまったく同じことが言えます。

最近の鳥さんたちは 飼い主さんのグルメ志向も手伝って、いろんなものを食べてますからね^^;

飼い主さんは「よかれ」と思っていても、それが安全なものばかりとは言い切れませんよね(人も同じですけどね)

だからこそ、デトックス機能を利用することが重要なのです。

毒素を排出する術を本能の一部として備えているから 誰に教わるでもなく鳥たちは欲するままにそれらを摂食しているわけですし、その機能をサポートする「土」「泥」「炭」などは 鳥体にひじょうに重要な役割を果たしています。

炭は特に排毒性が高いことも知られていますよね。

人もその恩恵を日常生活で十二分に利用しています。

そういう観点からしても 小鳥には鉱物飼料が不可欠であるといえるでしょう。