オカメインコ 温度調節
オーストラリア原産のオカメインコ。

もともと乾燥地帯に住んでいる鳥なので、冬の乾燥には強いのですが、極端すぎる寒さは苦手です(かなり寒さには強い鳥種ではあります)

若い成鳥であれば、少しずつ寒さに慣れさせることで、日本の温帯区であれば無加温で越冬することはできますが、大切な家族の一員だからこそ、日々快適に過ごさせてあげたいですよね。

インコにとって快適な温度にしてあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

オカメインコの居住空間は何度くらいがいいの?


オカメインコ 温度調節


オカメインコの適温は25~30℃といわれています。

しかし、大人のインコであれば15℃くらいあれば元気に過ごせるようです。

つまり人間が快適と思う温度がオカメちゃんも快適だということになります。

ただし、雛鳥・老鳥・病気の場合は 自分で温度調節をするのが難しいので、25℃以上で管理してあげましょう。

インコは呼吸で暖かい空気を取り入れて保温しています。

だから、インコ自身を温めるというよりは 空気を温めてあげる必要があります。

羽を膨らませて縮こまる仕草は寒いときに見られるものです。

このような仕草が見られたら、温度を上げてあげましょう。
 
 

オカメインコを快適に過ごさせるには


オカメインコ 温度調節  

温度計・湿度計


部屋の温度が快適でも、ケージの置いてある場所によっては寒すぎたり暑すぎたりすることもあります。

エアコンの風が直接当たっていたり、暖房器具に近すぎたりしていませんか?

ケージの近くに温度計・湿度計を置いてチェックしてあげましょう。

ビニールハウス


ホームセンターなどで温室用のビニールハウスが売られています。

ケージがすっぽり入るサイズのものを選びましょう。

ぴったりすぎるとインコが中からつついたり、かじったりします。

ビニールは有害なので、インコが食べてしまわないように気をつけましょう。

また、閉め切ってしまうと空気や熱がこもりすぎてしまうので、どこか一方を開けておくといいでしょう。

ペットヒーター


ペット用のヒーターを用意してあげましょう。

ヒーターは熱くなるので、オカメちゃんが触れられない場所に設置しましょう。

ケージ内に設置してヒーターに直接鳥が乗ると、低温やけどをすることがありますので 注意してください。

 
 
 

アクリルケージ

 

【アクリルケージの特徴と選び方】体調不良時の看護病棟に重宝!


 
 

オカメインコの低温やけどにご用心!


オカメインコ 温度調節  
こういうタイプのひよこ電球↓は、上に鳥が乗れる空間があるとオカメインコがそこで暖を取ることがありますが、それは非常に危険です。
 

 
低温やけどの事故は意外と多く、やけどが重篤な場合は、足指が欠落します。

ですから、ヒーターをケージ内に設置するのは、やめるべきです。

ヒーター本体をかけるのは、ケージの網の外側にしましょう。

ひとつお断りしておきますが、この商品(ペットヒーター)が悪いのではなくて、上に乗れる空間を作ることが悪いのです。

ひよこ電球タイプのペットヒーターは空気を汚さないので、そういうやけどの事故にさえ気を付ければ、小鳥の加温におすすめのヒーターです。

それから、電気製品ですから、コードもかじられないように カバーすることをお忘れなく!

梅雨時の湿度管理も忘れずに!


オカメインコ 温度調節  
乾燥地帯出身のオカメインコは 湿度の高いのも苦手です。

梅雨時期などはエアコンのドライ機能を使って、40~60%くらいに湿度調節をしてあげましょう。


夏の暑さ対策はどうする?


オカメインコ 温度調節  
比較的暑さには強いオカメインコですが、最近の夏は異常に気温が上がることがあります。

インコが肩をいからせて羽を広げていたり、クチバシをパクパクと動かしているようなら、暑すぎる証拠です。

・風通しを良くする
・エアコンをつかう(ただし、直接風が当たらないようにする)
・水浴び用の水を準備してあげる・・・などの対策をしましょう。

特に留守にするときは部屋が高温になりすぎないように 注意が必要です。

過保護になりすぎない程度に 温度調節してあげよう


オカメインコ 温度調節  
・適温は25~30℃
・暑さ対策・湿度管理も忘れずに
・インコの様子をよくみて調節しよう

インコの健康にとって温度調節は大事ですが、いつも適温で季節を感じられないと発情期や換羽期の乱れにつながります。

かわいいからといって、過保護にしすぎるのは仇になることがあります。

インコの様子をよく見ながら、四季を感じられる温度調節をしてあげるようにしましょう。