オカメインコ パイド
パイドはまだらな模様のこと。

グレーやシナモン色の部分がランダムに抜けてぶち模様になったり、パイド模様がすべて抜けたりした品種も「パイド」と呼びます。

パイドの模様の出方はいろいろで、パイド模様の出方や割合によって それぞれに呼び名があります。

まだら模様なので、それこそまったく同じ色柄の鳥はいないでしょうし、だから面白い!という人も結構多いです。

たとえば全身が真っ白のところに、はらっと一枚シナモン羽が入っているのが趣があって美しい…とか、顔が黒っぽいのがブサかわいくて面白い…とか、人によって好みも分かれるところかもしれません^^

個人的な好みを言うと、実はわたしは色柄では ホワイトフェイスとパイドが好きです。

ちょっとオカメインコ離れした感じがするんですけれども。
 
 
オカメインコ パイド
パイド模様が体に占める割合によって、多いものから順に、■ライトパイド ■ミディアムパイド ■ヘビーパイド ■クリアパイド と呼びます。

クリアパイドというのはパイドでありながらパイド模様が全くない個体のこと。

パイドからパイド柄が全部抜け落ちてしまうと、見た目が「ルチノー」そっくりのクリーム白系のオカメインコになったりするわけです。

それがルチノーなのかクリアパイドなのかを見極めるには目の色を見ます。

ルチノーは赤またはブドウ色の目をしていますが、パイドなら黒目です。
 
 

オカメインコ パイド  
また、顔や頭にパイド模様が入らない個体は「クリアフェイス」と呼ばれます。

顔が「カールおじさん」みたいに泥棒ひげみたいな色合いをした子もいますし、眉毛みたいに目の上にグレーの羽が入ったりとかする子もいます。

そんな感じで パイドはどんな色の出方が出るか、どこにぶち模様が入るかは未知数であり、そこが繁殖する側にはおもしろい部分です。
 
 
そしてパイドはよくパールと同時に発現します。それがパールパイドです。

たとえばこの子↓ は、シナモンパールパイドのメスです。

オカメインコ パイド
オカメインコ パイド
オカメインコ パイド



パールとパイドが混在していて、女の子なのでパールがくっきりしています。

ノーマルやルチノーのように均一な色柄でないのがブリーディング的に興味深いところ。

繁殖時に親鳥や先祖鳥の遺伝子情報を加味しながらペア組みをし、思うような色柄のヒナが生まれてくるかどうかを楽しみに待つのが玄人のブリーディングの醍醐味であり、パイドという品種の面白さでもあります。