オカメインコパール

パール(オス・幼鳥)


くちばしの周りがごはんだらけ^^ 

ちびっこオカメ、お腹いっぱいでご満悦♪の図。

この子の背中や翼にたくさんついてる黄色っぽい水玉模様が「パール」です。

パールはさざ波(水玉)模様


オカメインコパール
パール(オス・幼鳥)


パールは羽毛にメラニン色素が部分的に欠落し、クリーム色のさざ波模様が入ったタイプです。

羽1枚1枚に斑点が入っていて、ちょっと水玉模様に見えませんか。

ほっぺがオレンジのオカメインコで黄色みが強いタイプを「ゴールデンパール」白っぽいタイプを「シルバーパール」と呼びます。

パールはノーマルよりも全体的に黄色(リボクローム色素)が強く出ると言われています。

うちにもパール模様が濃い黄色の子がいます。

はじめは「白っぽいとの黄色っぽいパールがあるのかな?」と思っていたのですが 調べてみたら パールにも「ゴールデン」と「シルバー」の2種類あることを知って納得。

カラーバリエーションとしては、うちにいる子で画像付きで紹介できるのはこちらの4種。

「パール」と「シナモンパール」


オカメインコパール


画像の左側が「シナモンパール」右側が「パール」で、両方成鳥です。

ヒナの頃はトップ画像のように水玉を背負ってたのですが、今はぽつぽつとしかパールが残りません。

2羽とも成鳥の男子なので、背中のパール模様が消えてしまっているのです。

成鳥のオカメ男子は男性ホルモンの影響でパール模様が消えます。

パールが消えるというのは全部なくなるわけでなく、こんなふうにところどころ色抜けがある程度に抜け落ちるということです。

ルチノーパール


オカメインコパール
ルチノーに黄色のパール模様が入るのは、「ルチノーパール」です。

右側がルチノーパールで、左側がルチノー。

このルチノーパールは女の子なので、大人になってもこの黄色い水玉は消えませんから、とてもきれいです。

男の子だとほとんど消えてしまいます。

ホワイトフェイス・パール


オカメインコパール



オレンジほっぺがないのが「ホワイトフェイスパール」です。

この画像は女の子なので、成鳥してもこの美しい柄はそのままです。


オスは成鳥になるとパール模様が消えてしまう


パールの特徴は、オスの場合成長すると、パール模様がぼんやりしたり消えてしまうこと。

パール模様が抜けてしまうと まるでノーマルグレイ(並オカメ)と変わらない感じになりますね。

これがノーマルグレイです。

オカメインコパール
パール模様の消失は 男性ホルモンの分泌がメラニン色素を増加させることによって起こるものです。

なのでオカメ男子は、せっかくパールを持って生まれてきても、若くてバリバリ飛ばしている青春時代には、見ためがちょっと地味めになってしまうんですよね^^;
 
 

 
 

 
 
ただ、男性ホルモンの影響ということから、元気で長生きして 高齢のおじいちゃんオカメになったときに、またパール模様が復活する場合もあるんです。

それにパール模様が消えないオスも一部いるようで、このあたりは個体差が大きいのかもしれません。

一方で、女の子オカメはパール模様が消えないので 鮮やかな模様自体が美しい個体が多いです。

ただこちらも 模様の出方やパールの大きさには かなり個体差が見られます。

うちにはルチノーパール女子が4羽いますが、パールの出方や黄色みは薄い子もいれば濃い子もいて、本当にいろいろです。
 

パールは性染色体劣性遺伝


遺伝の法則的には、オカメインコ・パールは「性染色体劣性遺伝」です。

つまりパールの男の子は 両親ともパール遺伝子を持っていない限り生まれてくることはありません。

オカメ女子の場合は お父さん鳥にパール遺伝子があれば、お母さんがパールでなくてもパールが発現します。

その一方でオカメ男子は両親からの2つがそろわない限り、パール模様は生まれてこないのです。

このことからブリーディングした場合に、生まれて間もない羽が開き始めたばかりの幼雛の段階で DNA検査をしなくても その性別が確定できる場合があるのです。