オカメインコルチノーは寿命が短い!?弱いって思ってない?


ご長寿オカメインコの2本の動画。





これらのご長寿オカメさんはどちらもノーマルグレイでした。

やはり、というべきか、こういう言い方はちょっとアレだとは思うんですけれど・・・どんな種も原種(ノーマル)が強いというのは真実でしょう。

その子の育った環境や食生活や、もともと生まれ持った体質などにもよるので、絶対ではありませんが、なんだかんだいっても、やはり原種は最強です。


寿命に関して言えば オカメインコの品種別に平均寿命のデータがあるわけではないので、オカメ全体としての平均寿命が18~20歳ということになっていますが、ルチノーもこの通りだと思っていいと思います。

時々「ルチノーは弱い」なんて話を耳にすることがあるんですが、ルチノーだけが特別弱いということはないと思います。

それは数十派のオカメインコ飼育経験から感じる個人的な感覚ですので、証明できるわけではないのですが、うちのルチノーたちはみな頑健です。

そもそも 色変わりだから体質が弱いなんて限ったわけではないと思うんです。

インブリード(近親)であればまた話は違ってきますが、親縁係数が0の個体同士のペアなら、ほとんど健康な雛が生まれてくるのではないかと。

雛が不健康で落鳥してしまうのは、生まれつき虚弱だったということももちろんありますが、ブリーダーのモラルと個体管理次第のような気がします。

親鳥の体調や健康管理を怠った状態で産めやふやせやで、健康な個体が生まれてくるはずがないのですから。

オカメインコの遺伝の法則からすると、子どもがルチノーでも両親はそろってノーマルということもあります。

両親が若くて健康体で、無理な繁殖を繰り返していなければ、たいがいはヒナも元気な子が生まれてきます。

ただ、オカメインコルチノーの場合は 両親がルチノーの遺伝子を持つ個体同士でないと男の子は誕生しませんので、この辺はブリーダーのモラルも関わる微妙な部分かなとは思います。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 
 

「オカメインコは弱い」と思われてる理由


オカメインコルチノーの寿命
概して「オカメは弱い」と巷で思い込まれている理由のひとつは、ヒナの落鳥率の高さです。

オカメインコの落鳥率はセキセイインコや文鳥の比にならないほど高いのです。

ただその落鳥率というのは概ね1歳未満の幼鳥の落鳥率のことを指しているわけで、成鳥になれば非常に頑健で長生きをする個体が多いです。

だからオカメインコの平均寿命は20年前後と、犬・猫よりも長いのです。

ですから一概に「オカメインコは弱い」と言い切るのは間違いです(きっぱり!)

ただし、セキセイインコなどに比べたら、オカメインコの雛は食滞を起こしやすいこともあってヒナ育てが少し難しいというのは事実。

幼鳥の世話は小鳥飼育初心者さんには少々難しいとは思います。

オカメインコの雛に落鳥率が高い理由


オカメインコルチノーの寿命
オカメインコの落鳥率が圧倒的に高いのは幼雛時代です。

挿し餌で育てられているヒナが落鳥する原因は「食滞」や加温・保温環境不全による体調不良や、親鳥を介した真菌感染など。

なかでもヒナが落ちてしまうケースは「食滞」が圧倒的に多いです。

餌が動かなくなることで、そのうが硬くなっていたり 逆にブヨブヨになっていたりという状態に陥るのが食滞です。

こうなるとそのうをマッサージしたり、餌を吐き戻させたりなどの処置が必要になります。

いずれにしてもこうなると的確な処置が必要なため、素人療法ではなかなか助けづらいんですね。

健康状態が良好で若い親鳥から生まれた体質の強いヒナであれば、環境変化のストレスや細菌感染などにも対抗できることがあるので、多少の悪条件にも負けずにすくすくと育っていきますが、残念ながらすべてがそうではないので「オカメのヒナは弱い」と言われてしまっている実情があります。

総体的に見て、ノーマルに近い品種のほうが食滞に陥る確率が低くて、体質が強いという印象は否めません。

やはり原種(ノーマル)がいちばん強いことは曲げようのない事実で、品種改良種は種の固定のために、多少の無茶を重ねてきた経歴もありますから、原種に比べたら…ということは否定できないと感じます。

オカメインコルチノーの寿命  

でもですね。

ノーマルが頑健であることは別として、すべての品種改良種、特に人気が高い「ルチノー」が必ずしも弱いと決まってるわけではないです。

原種と比べられたら、改良種は立つ瀬がありませんけれど、きちんと健康管理された若い親鳥から生まれたヒナは、ほとんどが元気にすくすくと育ちます。

ですから、オカメインコをお迎えしようと思ったら、言うまでもないですが 元気のよい個体を選ぶことがカギです。

そういえば、うちのルチノーたちは、体調を崩したことも病気をしたこともないですねえ^^

20年は余裕、30年くらい生きてくれるんじゃないかと思うくらい健康で元気です。

どの品種を選ぶにしろ、長いお付き合いになる家族ですから、慎重に元気な子を選びましょう。

あまり動かないとか、ボーッとしている子ではなく、目がキラキラしている子、お昼寝時間以外に良く動き回っている子を選ぶといいかもしれません。

そして、もしもそこにビビッと運命を感じる子がいなかったら、その場でのお迎えを見送る覚悟も必要です。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">