オカメインコケージレイアウト

シナモンパイド


シナモンはやさしい色合いで人気の品種


シナモンパール(メス)


「シナモン色」ですから、ノーマルのグレーが茶色味を帯びた感じです。

メラニン色素が茶色に変化したもので、そのほかの特徴はノーマルグレーとほぼ同じ。

ヒナの時はブドウ目ですが、大きくなると黒目になります。

ただ少し違うのは、メスの顔の色がノーマルのそれよりも黄色みが強く出るところです。

そうはいってもメスはオスほど鮮やかではないので、成鳥の雌雄判別は一目でわかります。
 
 

シナモンオカメの雌雄の見分け方


オスは顔の色が鮮やかな黄色。尾羽・風切り羽はシナモン一色です。

メスは顔の色がシナモンにわずかに黄色みがかかった感じ。

尾羽の裏に黄色い縞があり、風切り羽に黄色のスポット模様が入ります。

オカメインコ シナモン
シナモンパール(成鳥・オス)

 

別名「イザベラ」


オカメインコシナモン
ホワイトフェイス・シナモンパールパイド(メス)


シナモンはショップによってはイザベラ」と呼んでいるところもあるようです。

一部では「パール」のことを「イザベラ」と呼ぶケースがあるらしいのですが イザベラはシナモンの別名であり、厳密には シナモン以外をイザベラと呼ぶのは間違いです。

シナモンは性染色体劣性遺伝


オカメインコ シナモン
右:シナモンパール(オス・幼鳥)


遺伝の法則的には、シナモンは性染色体劣性遺伝。

両親がそろってシナモン遺伝子を持ち合わせない限り、男の子は生まれてくることはありません。

パールも同様の性染色体劣性遺伝なので、前出のシナモンパールの男の子も生まれる確率は低いです。

我が家のシナモンパールの面々は、1対2くらいの割合でオカメ女子が多い感じです。