【オカメインコの巣箱日記】はじめての繁殖 58日間の巣引きの記録

これは わが家ではじめてオカメインコの巣引きをしたときの日記です(2012年の話)

読み返すと はじめての繁殖チャレンジに 右往左往する無知な自分に笑える(爆)

そんなダメダメを振り返りつつ、公開しますね^^;



目次

【オカメインコの巣箱日記1日目】オカメインコの巣箱を設置~ 9.14


残暑厳しいですが、朝晩はほんの少し涼しく感じられるようになってきたので、今日はОちゃんとRちゃんペアのケージに巣箱を設置しました。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

 
巣箱は大きいので、いきなり入れたらビビるだろうと思い、数日前からケージ横に巣箱を置いて見せていました。

たぶん本能的にこれは何に使うものなのか、わかっているんでしょうね。

ケージに入れても、それほどビビることはなかったです。

でも、中に入るのはずいぶん時間がかかっていましたね。

見ているうちに中に入ったのはRちゃん(彼女)の方だけ。

彼氏のОちゃんは、頭を入れて中を見回すだけで、中に入らず・・・。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

 

はじめは2個のケージの間に仕切りを入れていたのですが、暑いのに風が通らず不快。

まだ巣篭ったわけでもないので、仕切りはすぐ外しました。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

巣箱になじむのにも時間がかかるでしょう。

ですが、近い将来、かわいいヒナたちが見られたらいいな♪という楽しみがひとつ増えました。
  
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 


【オカメインコの巣箱日記7日目】デカオカメインコ Rちゃんが巣箱に入れず、巣穴拡大工事 着工!~ 9.20


オカメペアの彼女のRちゃん、実はデカオカメなんです。

体重は130g前後。

ヒナのころから体格がよかったのですが、かなり食欲旺盛で、成長したら 丸々デカオカメちゃんに (;^_^A
 

巣箱を入れた初日は、勢いで巣箱に入ったみたいで、その後は一向に巣箱に入っていかなくなりました。

入口が狭くて窮屈で「無理!」と自覚したのかも。

彼氏のОちゃんが巣箱の中に入ってラブソングを歌いながらRちゃんを呼びますが、頭だけを中に入れて、「ダメ~、入れない~」というジェスチャーをします。

それで今日は、巣穴の拡大工事 着工しました。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き
拡大工事完了。これならデカオカメもOK♪

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

内部の踊り場部分は、中にこもった時にОちゃんがかじりまくり、すでにゴツゴツ

巣箱を使う前に、降りる足場がなくなる恐れが・・・

どうせかじるなら、入口をかじって広げてくれたら良かったのに!

産卵はまだですが、2羽の間では子育てムードが盛り上がっている様子

Oちゃんのなわばり意識も バリバリ全開
 
 
  
 


【オカメインコの巣箱日記17日目】祝・初産卵! Rちゃんが卵を産んだ意外な場所 ~ 9.30


巣箱を設置して17日目、とうとうRちゃんが1個目の卵を産みました o(〃^▽^〃)o

毎日Oちゃんと長い時間巣箱にこもっていたので、ちゃんと巣箱内で産むと信じていたのですが、なんと初産卵は巣箱の上・・・屋根の上です。

幸い卵は角の隅にあり、落下することなく割れずにすみました。

プラスプーンでそうっとすくって巣箱の中へ・・・すごくドキドキ。

次回はちゃんと巣箱の中で産卵できるといいのですが。



【オカメインコの巣箱日記19日目】Rちゃん2個目を産卵♪~ 10.2


おとといに続き、Rちゃんが2個目を産卵しました。

今度はちゃんと巣箱の中で産卵できましたよ♪

卵はOちゃんがつきっきりで見張っています。

・・・パパオカメ、昼間はあまり巣箱から出てきません。

ママオカメが巣箱に入っていっても出てこないです

2羽で巣箱から出てこないこともたびたびで、今からこれでいいのだろうか?と、ちょっと心配です。



【オカメインコの巣箱日記29日目】6個の卵を確認~ 10.12


今朝、巣箱内に6個の卵を確認しました。

ちょうど2羽が産座を離れるタイミングに出くわしたので、ちらっと中をのぞくことができました。

オカメインコの産卵数は3~6個程度だそうです。

6個かあ・・・いっぱい産んでくれて、Rちゃん、がんばったね!

孵化は産卵から22~23日目です。

元気なヒナが生まれてくれるといいのですが。

がんばれ!!パパオカメ・ママオカメ。

 
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 


【オカメインコの巣箱日記30日目】巣箱設置から1か月。頻繁に水浴びするパパ&ママオカメ~ 10.13


巣箱設置から、早1か月。

ママオカメがデカオカメすぎて 巣穴に入れないことが発覚したり、初卵を巣箱の上に産んでしまったり・・・

鳥たちの精神的・肉体的な変化やその対応方法、ケージや巣箱のこと、飼料のこと、その他諸々。

このひと月を振り返って、いろいろな気づきがありました。

巣箱はオーソドックスな縦型にしたのですが、横型の方がよかったと思いました。

途中に踊り場があるのですが、親鳥の上り下りはけっこう大変そうに見えるんですよね。

横型の方がケージ内で省スペースですし。

 
交代で抱卵をがんばるパパオカメ&ママオカメのちょっとした変化。

それはとても頻繁に水浴びをするようになったこと。

抱卵の時には頻繁に水浴びをしたがるようになるようです。

インコの水浴びは ほんのちょっと体を濡らす程度のカラスの行水。

文鳥はお風呂にドボンと飛び込んで、ズババババ・・・と ものすごい勢いで水浴びをするので、全身ずぶぬれになります。

でも インコは羽毛に少し水滴をつける程度でも一応水浴びをした♪ という気分になるみたいで ちょっと笑える ( ´艸`)

卵には湿度がとても重要で、あまりに乾燥が激しいのは×なのだそうです。

そのあたりを本能的に知っているのでしょうね。

となりのケージのオカメガールズPちゃんとQちゃんは、オカメペアの方と同時に水浴びの器を入れても、最近はほとんど水浴びをしません。

パパオカメとママオカメは、水を変えてあげる度に水浴びをしています。

交代でずっと巣箱にこもっているから、お風呂がいいストレス解消にもなっているのかな・・・。

オカメズの卵は6個で産み留めのようです。

はたして何羽のヒナが孵るのか!?
 
 
 
 


【オカメインコの巣箱日記33日目】孵化直前!? 育雛飼料お取り寄せ~ 10.16


もうすぐ孵化予定日なので、育雛必需品を取り寄せしました。

インコのベビーフードや いつも使っているバードベネバックパウダーなど。

これで1羽も孵らなかったら、笑い話になっちゃうんですけど ( ´艸`)

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

あーるちゃんの初卵産卵が9/30

抱卵というのは、慣れたオカメなら第1卵から開始するそうです。

初卵の母鳥の場合は3番目くらいの卵から始めることが多いとのこと。

いつから抱いているのかわかりませんが、うちのペアは産卵初日から・・・いや産卵前から巣箱にこもっていました。

なので、やる気満々で初卵から抱卵していたのではないかな・・・と。

自分的には孵化予定日は18日以降かな・・・と推測しています。

うちのオカメズに使っていたベネバックパウダーは ちょうど使用期限が終わるところでした。

これ、いつの間にか「バードベネバックプラス」にバージョンアップしていたのですね。

給餌用のプラスプーンも消耗品なので、カラフルなのを2本購入。

ヒナ用のパウダーフードは、何を使うか、とても迷いました。

うちの子たちのヒナ時代は全部、いちばん有名な海外メーカーのパウダーフードを使っていました。

いろいろ考えた結果、今回のインコのベビーフードは100% キクスイさんのものを使うことに。




【オカメインコの巣箱日記36日目】孵化したようです  o(〃^▽^〃)o ~ 10.19


オカメズが大切に抱いていた卵・・・ヒナが孵化したようです。

巣箱を開けて確認をしていませんが、巣箱の中から「チィチィ」と か細い声が聞こえてきます。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 



【オカメインコの巣箱日記37日目】ヒナの声が昨日より力強く♪~ 10.20


巣箱から聞こえるヒナの声が、昨日よりも頻繁に、力強く聞こえるようになりました。

まだ孵ったのは1羽だと思いますが、オカメズはエサをすごい勢いで食べています。

特に青菜をいっぱい食べてますね。

今日は1日に3回与えました。
 
 

実はオカメズを見ていて、にわかに不安を感じる瞬間があります。

それはオカメペアが2羽とも巣箱の中に入ってしまった時。

生まれて間もないヒナを 親鳥が誤って踏んで圧死させてしまうのは 珍しいことではありません。

まだヒナ1羽、卵5個・・・だと思うので、そんなに心配する必要はないのかもしれませんが。

ずっと昔、ジュウシマツと文鳥の巣引きをしましたが、その頃も圧死は時々ありました。

だから 2羽とも巣箱に入っているのを見ると、ちょっと不安がよぎります (((( ;°Д°))))

でも今はオカメペアにすべてをゆだねて見守ることしかできない。

十分に栄養を与えられるよう給餌をサポートして、OちゃんとRちゃんを応援していきます。

オカメパパが巣箱に入っている時には、ヒナの声とパパの声が 両方いっしょに聞こえてきます。

その時のパパの声はヒナみたいにかすかな声で、まるで2羽で内緒話してるみたいです ( ´艸`)

ヒナの声は二重奏ではない感じ・・・。
 
 
 


【オカメインコの巣箱日記38日目】ママオカメ 威嚇 ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ~ 10.21


オカメズの巣引きを見ていて思うこと。

うちの場合、パパオカメは育児をきっちり半分やってくれていますが、育児の主導権はやはりママオカメだということ。

ママはパパよりもどっしりと構えているし、やるべきことを全部わかっているという雰囲気を醸し出しているからすごいなと思います。

これまで パパは落ち着きなく、右往左往している時間が長かった。

でも、ママにはそういう雰囲気が感じられませんでした…今日までは。

今日、私はママオカメから手をつつかれました ( ̄□ ̄;)!!

小松菜を交換するためにケージにちょっと手を入れたのですが、その時に怒られちゃいました。

Rちゃんから威嚇されたことはこれまで一度もなく、これが初めてです。

ヒナが孵ったので、かなり神経が高ぶっているのでしょうね。

いつもやさしいRちゃんに怒られて、痛くなかったけど、びっくりしました (;^_^A

 
オカメペア、ものすごい勢いで餌をついばみます。

となりのケージでオカメガールズ(Pちゃん&Qちゃん)がエサを食べているのと比べて見ていると、まるで早送りを見ているかのようです。

今日も青菜を3回補充。

皮付き餌、むき餌、パウダーフード、ペレット、ボレー、塩土にひまわり・麻の実などの濃厚飼料を与えています。

器は種類ごとに分けているのですが、パパもママも、全部まんべんなく食べているのには感心しました。

特にパパの方は、普段から青菜、特に小松菜をあまり食べたがらないのですが、今はたくさん食べてくれています。

青菜のほかにはボレー粉を、いつも以上にたくさん食べていますね。

ヒナを育てるのに何がどれくらい必要なのか、わかっているのだと思います。
 



【オカメインコの巣箱日記39日目】オカメズの青菜は自家栽培~ 10.22


ヒナが孵ってから、以前よりも青菜をいっぱい食べるようになったパパオカメとママオカメ。

青菜は自家栽培。毎回 プランターや菜園から抜いて来ます。

小松菜を中心に、いろいろな菜っ葉を与えてみるのですが、やっぱりそれぞれに嗜好があります。

Оちゃんは豆苗は大好きだけど、小松菜はあまり好みではないみたい。

そこそこはヒナのために食べてるようですが、今日は菜っ葉よりも グリーンペレット(青菜の代用)をむしゃむしゃ食べていました。

Rちゃんは小松菜大好き。でもサラダ菜はもっと好き。
 
あと、うちでオカメズにあげているのはニンジンです。

うちでは石原先生が提唱する生絞りのニンジンジュースを飲むのが日課になっているので、そのニンジンのすりおろしを ほんの少しずつオカメズにあげることもあります。

インコの副食として一番最初にあげられる青菜ですが、インコにあげてもいいものというのは、本によって微妙に違うので困ります。

ある本には 『小松菜・チンゲンサイ・豆苗・ブロッコリー・パセリ・ニンジンなど、色の濃い野菜を毎日与える』とあります。

でも別の本には、『パセリなどのセリ科植物には光毒性物質が含まれるので、食べた直後に日光浴をしなければいけないといわれています』なんて、書かれていたりします。

ほうれんそうはシュウ酸がカルシウムの吸収を阻害するので×

芽キャベツやケールは甲状腺機能に障害を与える成分があるので×

白菜やきゅうりは水分ばかり多くて下痢を起こしやすいのであまり与えない方が良い、という本もありました。

ブロッコリーは、うちではまだあげたことがありません。

蕾の部分を生のままかじるのか?ゆでなくてもいいのか?

ネットで調べたら、生のままあげる人とゆでないと食べないからゆでるという人と 両方いました。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

  
 


【オカメインコの巣箱日記42日目】餌の減り方が加速してきました。~ 10.25


オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き
 

昨日あたりから、オカメズの餌の減り具合が急激にスピードアップしてきました。

これまで減り方がほぼ一定量だったのに、今朝餌のケースを見たら、ガクッと少なくなって。

ヒナへの給餌がかなり忙しくなってきたのでしょうね。
 
パパオカメとママオカメのフンにも変化が・・・固形量がだいぶ減っています。

それは2羽とも共通しているので、
食べてもヒナに与えているのが圧倒的に多いのかなと思います。

自分のお腹にはあまり入っていないのかもしれませんね。

ヒナ1号ちゃんが生まれてそろそろ1週間。

孵化開始初期は皮付き餌ばかりを食べていたオカメズですが、今日はむき餌とパウダーフードをたくさんついばんでいました。

パパオカメがヒナを抱き、ママオカメが巣の底部まで下りず、途中の踊り場からヒナに給餌をしている様子が 巣穴越しに見られました(パパとヒナの姿は直接見えませんが)
 

余談ですが・・・

餌が足りないとオスは、メスやヒナに優先して餌を与えるそうです。

そうなるとオスが落鳥したり、全部のヒナは育てられないと判断して、後から生まれたヒナを放棄してしまうこともあるのだそうです。

どちらも究極の選択。

本能として備わっているとはいえ、すごいですね。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き



【オカメインコの巣箱日記46日目】ヒナの保育箱、準備完了!~ 10.29


パパオカメとママオカメのヒナへの給餌は交代制ですが、最近はとても忙しくなってきたこともあってか、短時間で交代するようになってきました。

餌を食べるために、両親が2羽同時に巣箱から出てくることは一般的には珍しくないようです。

でも うちのオカメズは2羽同時にヒナから離れたことがないようです(見ている範囲では)

それどころか、2羽とも巣箱に入っている時間がけっこうあります。

夕方日が落ちると、必ず2羽とも巣箱に入って休んでいます。

ヒナが孵る前は、パパオカメが巣穴の前で見張りをしながら休んでいましたが、最近は完全に中に入ってしまっています。

気候がずいぶんと涼しくなってきたせいもあるかもしれませんね。

昨日は雨降りで 気温があまり上がらず寒かったので、はじめてヒーターをオンにしました。
 

来月中旬にはヒナの誘拐を決行するので、パネルヒーターと保温電球とサーモスタットを購入し、ヒナの保育箱を用意しました。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

青い外箱は発泡スチロール、中のプラケースは野菜の収納箱です。

ヒナにとっての適温27~30℃を保てるよう、サーモもつけました。

【1/24 追記】

パネルヒーターは低温やけどの危険があるというアドバイスをいただきました。

保温容器はヒナや病鳥に使いますが、あまり移動しないような(弱い・または弱っている)鳥が長時間接触するのは危険なのだそうです。

今後、もし必要となった場合には、パネルヒーターは下に敷かず、側面に配置するなどの工夫をして利用していきます。
 
 
 
 


【オカメインコの巣箱日記47日目】巣箱の中を確認~ 10.30


今日は思い切って、巣箱の中を確認しました。

①数日前から餌の減り方が急に増えたけれど、本来ならヒナの成長に伴って、もっともっと餌は減るはず・・・なのに、減り具合があまり変わってないよね。

②ヒナの鳴き声を輪唱で聞いていないなぁ。

③そういえば、昨日はほとんどヒナの声を聞いてなかったけど・・・

不安材料が3つも重なり、「もしかして孵化したけど、死んじゃったのでは?」と、憶測したらいたたまれない気持ちになってしまいました。

もし死んじゃったのなら、そのままにしておくわけにもいかないですしね。

でも、親が巣箱に入るんだから、1羽もいないわけないよね!?と自問自答を繰り返しながら、思い切って巣箱をのぞくことに。

パパオカメはママオカメに比べるとかなり神経質。

パパオカメが外にいる(=ママオカメが巣箱に入っている)タイミングを見計らって、巣箱内部を確認することにしました。
 

そしていよいよ・・・巣箱のふたを開けてみました。

ママオカメが「フーーーーーッ爆弾ドンッメラメラ」と ものすごい威嚇ドクロ
あんな怒り方、見たことなかったです。

ヒナを隠そうと翼を少し広げて、えらい勢いで威嚇されたので、こっちがひっくり返りそうになったほどです。

子を守るために親が威嚇するのは普通ですけれども・・・想像以上にすごかったショック!
そのあとママオカメが まるでこちらに飛びかかってくるかのように、すごい勢いで巣箱から飛び出してきました。

ほんとにこちらがひっくり返りそうなくらいの反応だったので、巣箱の中を見られたのは10秒前後。

その時に見えたもの・・・孵らなかったであろう卵が数個。

ママオカメがこちらに飛び出してくると同時に奥に見えたジャンボサイズのヒナちゃん1号。

オカメペアが 私たちが想像していた以上に興奮してしまったので(その後2羽とも30分以上巣箱に戻らなかった汗) それ以上確かめることはしませんでした。
 

でも、私も主人もはっきり見ました・・・生後10日とは思えないような想像以上にデカいヒナ1号ちゃんの姿を。

あまり頻繁にヒナの声が聞こえなかったのは、おそらく育っているのが1羽で、両親から溺愛され(?) どんどん餌を運んでもらっているので、お腹がすいて催促鳴きすることがないのかな・・・と。

多分 1羽だけで育てられているから、平均以上に発育が良いのだと思います。

ママオカメが巣箱の上に産んでしまった初卵・・・スプーンですくって巣箱に送り込んだ卵が19日に孵化した子。

あの卵から生まれたんだ・・・と思うと感無量クラッカー
もう1号ちゃんの名前が決まりました。

最初は「“ジャンボ”にしよう」と言ってました・・・あまりに大きかったので。

でも女の子だったらジャンボじゃ可愛くないよ、というこでL(える)ちゃんに決まりました。

はじめての巣引き・・・オカメペアの努力が実り、1羽でもなんとか育てあがりそうなので、本当にうれしくなりました。

誘拐は12日に決行予定です。

それまですくすく育ってほしいと切に願っています。

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 



【オカメインコの巣箱日記50日目】孵化からちょうど2週間~ 11.2


今朝、オカメズが2羽とも巣箱から出てきていたので、卵を撤去し、Lちゃんの写真を撮りました。

初お披露目のLちゃんです♪

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

羽色は黄色系で、赤眼。

ちょんまげみたいなとさかがキュート ( ´艸`)

これからどんなふうに成長していくのか、とても楽しみです。
 



【オカメインコの巣箱日記58日目】巣箱撤去&巣上げで巣箱生活終了~ 11.10


今日、巣箱の撤去とヒナの巣上げをしました。

パパオカメとママオカメに「ご苦労様でした」とねぎらいの言葉をかけながら。

巣箱生活終了で、これからは人手による育雛生活スタートです ドキドキ
うちの新しい仲間、オカメインコスタッフ5号『L(える)』ちゃんは、数日後、環境になじんでから写真撮りまくります ( ´艸`)

 
本当は巣上げは来週の予定でした。

ところが・・・パパオカメが色めいてしまいまして・・・。

今回の子育てが一段落したので さあ第2弾・・・という感じらしく、急いで巣箱を撤去する必要に迫られました。

オカメインコに限った話ではありませんが、鳥の♂はイクメンが多いです。

うちのО(おー)ちゃんも、抱卵から育雛まで、今回はほんとうによくがんばりました。

一時期、痩せてしまったのが見てとれるほどのがんばりを見せましたから。

パパもママも、これから少しずつ体調と生活を元に戻していきます。



L(える)ちゃんの名前の由来~ 11.12


孵化から10日目に巣箱を開けて はじめてえるちゃんを見た時の驚きは今でも忘れません。

「えっ!!」・・・デカい!生後10日で こんなにデカくていいの!?

あまりの大きさに驚いて、名前を「ジャンボ」にしようかと思っていたくらいです。

でも、女の子だからジャンボじゃかわいくない・・・ということで、ラージサイズのL(える)になりました。

※遺伝の法則でえるちゃんははじめから女の子であることがわかっていました。

本日のLちゃん、体重110グラムなり ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="6185486246">

 



ハゲタカ ( ´艸`) だけど 健康優良児♪~ 11.13


オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き



えるちゃん、未完成のガンプラにやっつけられる!?~ 11.26


オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

頭のおハゲがへってきたえるちゃん。

おかげさまで、すくすく育っています。 (^-^)/

パパが制作中のガンプラをいたく気に入って、
格闘していたら、やっつけられちゃいました(;´▽`A“・・・の図。



ハゲタカ卒業♪ふわっふわのえるちゃん~ 12.1


オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

オカメインコの巣箱 繁殖 巣引き

おハゲが全くなくなったえるちゃん。もう立派な若鳥です。

最近は放鳥タイムによく飛行訓練をしているせいか、体重は95~100gくらい。

シルクのような光沢となめらかな手触りの羽毛、密毛のすばらしさ・・・これは美鳥ママオカメ・あーるちゃん譲りです。