鳥の危険な食べ物

犬にあげてはいけない10の食品が鳥のとだぶってる件


犬にあげてはいけない10の食品が 鳥にあげてはいけないものがいくつか重なっているなあ…と思いながら、興味深く読んだものがこちら。

【犬にあげてはいけない10の食品】

チェック 1. アボカド
人間にとっては栄養豊富な健康食。「森のバター」と異名を取るほど。
でも犬にとっては毒物。たったひと口でも、下痢やおう吐、腹痛などを起こします。

チェック 2. ブドウとレーズン
急性腎不全を起こす原因。
見落としがちだけど、そのクッキーにレーズンが入っていませんか?

チェック 3. コーヒー・紅茶・その他のカフェイン
カフェインの入った飲み物を与えるのはNG 
興奮を与える刺激物であるカフェインは、犬の中枢神経系や心臓に影響をおよぼす可能性大。
中毒状態になると、嘔吐、酷い場合は死に至る可能性もあります。

チェック 4. マカダミアナッツ
筋肉に痛みを伴ったり、あるいは腫れてしまって、自力で動くことが困難になります。
足取りがおぼつかなくなるほか、嘔吐や精神的な落ち込みなどを引き起こす可能性も。

チェック 5. ミルクと乳製品
ごく少量のチーズやヨーグルトならば問題はないですが、牛乳やアイスクリームは下痢を引き起こす可能性があります。
これは、およそ50%の犬は乳糖(牛乳の甘味成分)に過敏であることが理由です。
人間でも同じ理由で牛乳を飲めない体質の方がいますが、犬の場合はその確率が格段に高いのです。

チェック 6. ニンニク・玉ねぎ
愛犬家の方には常識かも。
ニンニクと玉ねぎに含まれる「ジスルフィド」「スルフォキシド」
これらの物質はワンコの赤血球を破壊し、結果的に重い貧血を引き起こします。
しかもその症状が現れるのは摂取した3~4日後。
「動くのを嫌がる」「軽い運動しかしていないにもかかわらず疲れているようにみえる」という表われ方をします。
欲しがるからといって うっかりハンバーグなどを与えるとヤバいです。
ほとんどに玉ねぎが入ってますからね(/TДT)/

チェック 7. 生肉や魚
これらには、食中毒を引き起こす原因となるバクテリアが含まれています。
特にサーモンなど特定の魚には、寄生虫が含まれている場合もあります。
摂取してから2週間で命を落とすといった危険性もあるため、与えないよう注意。

チェック 8. アルコール
アルコールも、犬には有毒。
嘔吐・下痢・中枢神経系の落ち込み・コンディションの悪化などが起こります。
ひどい場合は震え、あるいはこん睡状態に陥り、死に至ることもあります。

チェック 9. キシリトール
飴やガムなどに含まれるキシリトールは、低血糖・発作・肝不全などを引き起こす恐れがあります。
場合によっては死に至る可能性も。
ごく少量でも症状を引き起こすため、注意が必要です。

チェック 10. チョコレート
より苦みのあるダークチョコになればなるほど含まれる「テオブロミン」という成分が犬にとって猛毒。
その致死量は犬の大きさによって異なります。


けっこうたくさんありますね。

知らなかった…では済まされないものもありますので、気をつけなくては!
 
 

アボカド


鳥の危険な食べ物
うちはよくコストコで アボカドとセロリ(セロリハーツ)を買います。

アボカドは「森のバター」とも呼ばれ、人が食べる分には栄養価が高い果実ですが 鳥にとっては猛毒な成分が含まれているんです。

これはイヌにもネコにも毒なんですって。

鳥がアボカドを食べると中毒症状をおこし、ほぼ確実に落鳥しますが、実はインコにとっては アボカドは好んで食べる味なのです。

だから、もし飼い主さんからもらったりしたら、その子は躊躇なく食べてしまうでしょう。

鳥飼いさんには広く知られていることで 今さらジロー的情報ではありますが 念のため強調しておきます。

鳥はアボカド食べるな!危険爆弾


 
 

セロリ


鳥の危険な食べ物
セロリの場合は、毒性というよりも、かたい筋が危険なんです。

鳥のそのう(胃の一歩手前の、餌を貯める器官)にセロリの筋が詰まってしまう危険性がありますので、セロリも与えないほうがよいもののひとつです。

そう考えると、小松菜などの葉物野菜でも 大きく育って筋ばったものは 与えるときは注意した方がいいですね。
 
 

観葉植物


鳥の危険な食べ物
放鳥時に気を付けないといけないのが 観葉植物です。

観葉植物のみならず、ガーデニングが好きな方は 冬季に室内に取り込まれる植物もあるでしょう。

鳥が届く範囲に植物があると、気が付いたら葉っぱをむしゃむしゃ食べてた・・・なんてことも起こり得ます。

中には食べて中毒症状が出るものもありますから、観葉植物などの葉っぱも要注意です。
 
 

人の食べ物をペットに不用意に与えないことが大事


食べるなキケン!なものはいろいろありますね。

人も鳥も犬も食性が違いますから、本当はあれこれとあげないのがいちばんいいんです。

犬・猫はもちろん、手乗り鳥も人に寄り添って生活しているから 人の食べるものをあげると、けっこういろいろ食べてしまうものなんですよね。

ちょろっとあげてみたら喜んで食べてるなあ♪となんて思うと 次もまたあげたくなるという心理はわからないでもないんです。

でも、やはりそれは彼らの体にとってマイナス要因でしかないものばかりというのが現実です。

だから、はじめから「人の食べ物を不用意に与えたりしない」を鉄則にするのがいちばんいいと思います。

青菜にしても、毒ではないにしても…

たとえば豆苗のように、あまり鳥体によろしくないと疑われるものもあります。

だからもし与えるのであれば、事前にしっかりリサーチしてから与えるようにしましょう。

ペットの健康も寿命も、飼い主さんの裁量にかかっていることをお忘れなく。