オカメインコの爪切り!方法・止血・小鳥専用爪切り

オカメインコ 爪きり
インコの爪は小さいけれど、飛び立つときにはスパイク、着地するときはストッパーの役目を果たしています。

野鳥であれば、自然と研がれていくので、爪切りは必要ありませんが、ケージの中で暮らしている飼い鳥は爪が伸びすぎてしまいます。

爪が長すぎると止まり木に止まりにくくなり、放鳥時に飼い主の衣服やカーテンに引っかかって爪がはがれてしまうこともあります。

また、歩いての移動もしにくくなります。

では、爪が伸びてきたらどうしたらよいのでしょう。


止まり木を工夫する


オカメインコ 爪切り  

止まり木は天然木がいい


自然に爪が研げるようにしてあげるのが、インコにとって一番ストレスのない方法です。

まっすぐの棒よりは自然界に近いでこぼこのある木や 少し曲がっている木を準備してあげるといいでしょう。

また、インコの指は長いものと短いものがあります。

まんべんなく爪を使うために 止まり木は太いものと細いものを準備してあげることをおすすめします。
 

爪とぎ用の止まり木


ペットショップには爪とぎ用の止まり木も市販されています。

素材もいろいろあるので、オカメちゃんのお気に入りを見つけてあげましょう。

※止まり木にサンドペーパーをまいて爪を研ぐ方法もありますが、指の腹を傷つけてしまったり、かじって食べてしまったりすることもあるので、あまりお勧めできません。
 
 

自分で爪を切ってあげるには


オカメインコ 爪切り  
爪の伸び方には個人差があります。

止まり木に工夫して、同じように放鳥していても、爪切りの必要ない子もいれば、どんどん伸びてしまう子もいます。

伸びすぎた爪は切ってあげましょう。

準備するもの


・ライト
・毛足の短いタオル
・小動物用の爪切り
・止血剤

保定をする


オカメインコはとても臆病でデリケートです。

てのひらで包み込むようにやさしくつかみましょう。

人差し指と中指で首をしっかり伸ばすように支えると脚も伸びやすくなります。

決しておなかを抑えないように注意しましょう。

出来れば1人が保定し、もう一人が爪を切るというふうに 2人で行う方がよいでしょう。

どうしても1人で行わなくてはいけない場合は、毛足の短いタオルで体をまいてあげると 暴れずに処置できます。
 

爪を切る


インコの爪には神経も血管も通っています。

ライトで照らすと血管が透けて見えるので、深爪にならないように血管の少し手前で切ってあげましょう。

人間の爪切りでは小さなインコの爪は隠れて見えなくなるので、ペット用の爪切りか 爪切りばさみを使用しましょう。

爪の色が黒い子はライトで照らしても透けて見えないので、切りすぎには注意しましょう。
 
 

切りすぎてしまったら


つい切りすぎて出血してしまったら、市販の止血剤を使って止血しましょう。

線香などで焼いて止血をするのは、やけどの恐れもあるので、慣れていない人にはあまりおすすめできません。
 
 

 
 

伸びすぎた爪の手入れのまとめ


・止まり木に工夫をする
・しっかり保定をして深爪に気をつける
・止血剤を準備しておく


まだ信頼関係が築けていないうちや不安があるときは病院で切ってもらい、正しい保定の方法や爪の切り方を教えてもらいましょう。
 
 

オカメインコにも使える、小鳥専用爪切り


オカメインコの爪切りに使える小鳥専用爪切りをご紹介します。

オカメインコ 爪切り
オカメインコ 爪切り
オカメインコ 爪切り
オカメインコ 爪切り
オカメインコ 爪切り
オカメインコ 爪切り