オカメインコ 野菜 青菜 豆苗
小鳥の健康のために青菜を与えることはとても大事です。

そこに含まれるβカロテンはビタミンAの材料なので 抵抗力や免疫力アップに貢献してくれることで感染症の予防になりますし、皮膚の乾燥が減ることで、毛引き症の予防にもなります。

人と同様に小鳥にもビタミン摂取はとても重要ですが 人工的なビタミン剤に頼ることは 本来はあまり健康的とは言えません(とはいえ、シード食だとどうしても微量栄養素が足りないので サプリメントを使わざるを得ないのが実情)

ましてビタミンAの場合は体内に蓄積するものであるゆえに過剰摂取は危険なので できるなら青菜のような自然なものからの摂取が最良です。

では、どんな青菜を与えたらよいのか。

そして、与えてはいけないものは?の個人的見解をまとめてみました。


小鳥にほうれん草はNG


オカメインコ 野菜 青菜 豆苗
ほうれん草というと真っ先に頭に浮かぶのが「シュウ酸」ではないでしょうか。

いわゆる「アク」の成分ですね。

これは軸よりも葉のほうに多く含まれるといわれています。

シュウ酸の何がいけないのかというと 体内で鉄分の吸収を阻害したり カルシウムと結合して結石するなどの悪さをすること。

カトルボーンやボレー粉を食べている小鳥ならば 十分なカルシウムを取れているはずなので 逆にシュウ酸の害を防げるという見解もあるにはあるんですが、そこで中和できるといっても、やはりほうれん草は小鳥にはあげるべきではないでしょう。


小松菜がベストオブ青菜。でも与え方次第ではNGになる


オカメインコ 野菜 青菜 豆苗
特におすすめな青菜は小松菜です。

1年中手に入りますし、アクが少なく栄養豊富なので、鳥たちに与えられる筆頭野菜です。

与える青菜の条件は できるだけ新鮮であることです。

これは栄養価の面からだけではないです。

小鳥の場合、ゆでたりしないでそのまま生食するため できるだけ新鮮な状態で食べさせることが重要です。

さらに、しおれる前に早めに青菜を回収する、ここに気を配ることも大事です。

青菜は時間がたってしなびていく(=腐敗に向かっていく)ことは 亜硝酸塩が発生する可能性が高いこととイコールです。

だからこそ できるだけ早く青菜を回収して捨てることが必要で あげてから1時間くらいで取り上げるのがベストな与え方です。

うちのような大所帯だと あっという間に食べつくしてしまうので 食べ残しの回収の必要はほとんどないんですけど、一般家庭の1~2羽飼育なら 食べ残しは早めに捨てることが賢明です。


トウミョウ(豆苗)はおすすめできない青菜


オカメインコ 野菜 青菜 豆苗
小鳥にトウミョウをたくさんあげている方はたくさんいると思います。

鳥たちはトウミョウ、大喜びします。

でも、個人的には、トウミョウを小鳥にあげるのはおすすめしません。

なぜかというと 豆苗には謎の成分が多いから。

鳥体にどんな影響を与えているかがはっきりしないので 食べてもすぐにどうこうなるという問題はないにしても トウミョウはグレーゾーンだと個人的には考えています。

トウミョウはマメ科の植物…エンドウ。

実はエンドウというのは特有の成分を含む植物。

特有の成分というのが「イソフラボン」

女性ホルモンに似た作用があることで有名な物質ですね。

マメ科の植物は、不毛な土地でも生き延びられるよう 自分でホルモン作用のある物質を作って 根粒バクテリアを働かせて生きています。

女性ホルモン様物質であるがために 人間もその生理活性作用を積極的に取り入れたりしていますよね。

納豆食べたり、豆乳飲んだりとか。

鳥体にしても、特に女の子鳥の場合は この点で 過剰産卵や過発情などのトラブルを誘発する可能性がゼロではないわけです。

ホルモン様物質なだけに、微妙で、グレーなんですよね。

巷には 過剰産卵で病院でホルモン注射を打っているような子も多いですし、年中産卵を繰り返して困っている飼い主さんも少なくないでしょう。

そういった過発情も、昨今の鳥の飼い主さんの大きな悩みの種のひとつです。

そういう場合は特に、トウミョウは避けたほうが無難です。

豆苗には賛否両論ありますが。

たまに少量あげるくらいなら問題ないかもしれないですが 君子危うきに近寄らず・・・と思うので、うちではもうずいぶん長いこと 豆苗をオカメインコたちに与えていませんねえ。

しかしこれは私の個人的見解で、与えるか与えないかはあくまでも飼い主さん次第。